『生活考察』編集日記

辻本力。ライター・編集者。『生活考察』編集人。お仕事の依頼は chikarat79@gmail.com まで。

永井玲衣×穂村弘『NHK短歌』、KIRINto「椀子ヴィンヤード」取材、鶴見済インタビュー『クイック・ジャパン』

<雑誌>

構成を担当している『NHK短歌』の穂村弘さんの対談連載「あの人と短歌」、今月号からご登場いただくゲストは、哲学研究者の永井玲衣さんです。

 

「自分の中で、哲学と詩歌はつながったものとしてある」という永井さんと、「かつて哲学者に憧れていた」という穂村さん。哲学的思考と韻文との関係に迫る全3回です。

永井さんのエッセイ集『水中の哲学者たち』(晶文社)とあわせて読んでいただけると、より深く味わえるのではないかと思います。

www.nhk-book.co.jp

 

 

<web>

KIRINのオウンドメディア「KIRINto」で、長野県上田市丸子地区陣場台地に広がるシャトー・メルシャンのブドウ畑「椀子ヴィンヤード」を取材しました。

お話を伺ったのは、植生生態学・景観生態学の専門家・楠本良延さんと、KIRINのCSV戦略部で環境コミュニケーションを担当する藤原啓一郎さん。

 

約8年間続いている、椀子ヴィンヤードでの生態系調査と植生の再生活動のお話を中心に、ワインのブドウ作りにおける生物多様の重要性について、今後「自然」について考える上でより重要になっていくであろう「ローカル」という視点について、たっぷり語っていただきました。

kirinto.kirin.co.jp

 

 

<雑誌>

『クイック・ジャパン』(太田出版)161号の第2特集「休み!の冒険」で、90年代の社会に大きな衝撃を与えたベストセラー『完全自殺マニュアル』の著者・鶴見済さんにインタビューしました。

 

長らく現代の「生きづらさ」問題にフォーカスし続けてきた鶴見さんの原点回帰的な新刊『人間関係を半分降りる 気楽なつながりの作り方』(筑摩書房、7月1日発売)のお話を交えつつ、“今”という時代を生き抜くための鶴見流「休みのススメ」を伺いました。

思えば、紙の方のQJでお仕事するのは初。編集担当の森田真規さん、『QJWeb』編集長・森山裕之さんと一緒に鶴見さんのご自宅に伺っての取材、という貴重な体験となりました。『完全自殺マニュアル』がベストセラーになっていた当時は、鶴見さんを取材する日が来るなんて思ってもみなかったわけで、何があるか分からないものです。

www.ohtabooks.com

 

<追記>

記事が、『QJWeb』に転載されました。ネットで読めるので、ぜひ。

qjweb.jp



最近の仕事まとめ(6/6更新)

最近の仕事まとめ

 

<雑誌>

タバブックスが発行する「仕事」をめぐる雑誌『仕事文脈』vol.20に、インタビュー仕事にまつわるあれこれについて書く連載「<聞く>という仕事」の最新回(第七回)を寄稿しています。

以前(第五回で)書いた、取材でついしてしまいがちな「ベタな質問」の話題をさらに掘り下げる感じの内容です。

人の話を聞くことで、自分が「変わる」ことを肯定したい、みたいな感じのことを書いております。

 

tababooks.com

 

 

<雑誌>

文學界』2022年6月号で、越境作家たちによるシンポジウム「移動するアイデンティティ」(アーサー・ビナード×関口涼子×多和田葉子×李琴峰)の構成を担当しました。

 

 

www.bunshun.co.jp

 

 

<エッセイ>

三軒茶屋キャロットタワー内にある文化施設「生活工房」が発行する『アニュアルレポート2021』に短いエッセイを寄稿しました。

「生活と記録の問答集」というコーナーに、私が作っている雑誌『生活考察』と、生活について考えることの面白さについて書いてます。

三茶にお越しの際は、ぜひお手にとっていただければ幸いです。

 

www.setagaya-ldc.net

 

 

<web>

先日、パナソニックがローンチしたオウンドメディア『MAKE NEW MAGAZINE』で、岐阜県多治見市を舞台に、地元企業・株式会社エネファントとパナソニックが二人三脚で進める省エネ・脱炭素プロジェクトについて取材しました。

 

makenew.panasonic.jp

 

 

<web>

『CINRA.JOB』で、紙媒体からデジタルまで幅広いメディアの運営と記事制作を手がける制作会社・ロースターの代表・大崎安芸路さんにインタビューしました。

事務所移転を機にカフェ「夏目坂珈琲」(早稲田)のプロデュースに乗り出した理由や、いまの時代の「編集」という仕事について、思うところをたっぷりと伺いました。

 

job.cinra.net

 

「失われた“雑談”を求めて 外編」@BOOK LOVER’S HOLIDAY #1(BONUS TRACK 広場)

<イベント(のようなもの)

好評いただいております『生活考察』Vol.08、なかでも反響の多い「失われた雑談を求めて」にちなんだリアル企画を行うことになりました。

題して「失われた“雑談”を求めて 外編」。

 

明日、2月27日(日)、下北沢のBONUS TRACK 広場で行われるブックマーケット「BOOK LOVER’S HOLIDAY #17」のタバブックス販売ブースで、編集人の辻本と“雑談”をしませんか? という企画です。

ブックマーケット自体は11:00-17:00でやっていますが、この雑談企画自体は14:00-17:00で行います。

5分でも、10分でも構いません、ふらりとお立ち寄りください。

 

2/27(日) 「失われた“雑談”を求めて 外編」@BOOK LOVER’S HOLIDAY #17

日時:2月27日(日)14:00-17:00頃(イベント自体は11:00-17:00)
場所:BONUS TRACK 広場 タバブックス販売ブース
住所:東京都世田谷区代田 2-36-15


雑談していってくださった方には、弊誌最新号の執筆者である、酉島伝法さん、ひらりささん(劇団雌猫)、海猫沢めろんさん、柴崎友香さんとの雑談を収録した特典冊子「失われた“雑談“を求めて ボーナストラック」(『生活考察』には未収録)を差し上げます。

 

開催にあたって、タバブックスのHPに少し文章を書きましたので、よろしければご覧ください。

tababooks.com

 

ご来場をお待ちしております。

よろしくお願いします。

伊藤比呂美×町田康『ふたつの波紋』、シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳」@文學界

<書籍>

文學界』掲載時に構成を担当していた伊藤比呂美さんと町田康さんの対談が、『ふたつの波紋』のタイトルで書籍化されました。文藝春秋より。

 

f:id:fiddle-stick:20220210183836j:plain

books.bunshun.jp

現代詩、朗読、古典翻訳などをめぐり、お互いの「文学とは」を賭けて全力でぶつかり合うかのごとき対話は、たいへんスリリングです。お互いの作品へのリスペクトがあるからこそできた、忖度なしの「言葉の格闘技」がここに(実際、時にめちゃ緊張感のある現場でした……)。

お2人の読者だけでなく、全文学ファンにとって刺激になる内容になっていると思います。ぜひ。

 

 

<雑誌>

文學界』2022年3月号で、シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳」の採録記事の構成を担当してます。
パネリストは、伊藤比呂美さん、菊地利奈さん、柴田元幸さん、栩木伸明さん、藤井一乃さん、四元康祐さんです。

 

f:id:fiddle-stick:20220210183901j:plain

www.bunshun.co.jp

四元さんの「詩は翻訳、翻訳は詩」、菊地さんの「『翻訳の過程』(非ファイナル・バージョン)を見せたい」、藤井さんによる日本における詩の翻訳の現状、伊藤さんの「『本当の意味で訳すことはできない』なんて言う原文原理主義者は傲慢。自分の言語にふんぞり帰っているようなものじゃないですか」、柴田さんの「『作者に会って印象が変わったから、翻訳も変える』なんて納得できない」、栩木さんの「古びたら、臆病にならず、どんどん訳し直していけばいい」といった発言が強く印象に残っています。

詩、翻訳にまつわるアクチュアルな言葉の数々が、とても刺激的です。どちらかにでも興味があれば、ぜひ読んでみてください。

昨年末くらいからの仕事まとめ

昨年終わり頃から、なんだかバタバタとしていて、やった仕事をここにアップできないまま、もうすでに2月。

記憶を辿りつつ、挙げてみます。

 

<新刊>

私が編集人を務める雑誌『生活考察』の最新号、Vol.08が刊行になりました(2021年12/22)。

今回も充実の執筆人&面白い企画がたくさんの自信作です。

tababooks.com

なお現在、MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店さんで、Vol.08刊行記念フェアを開催中です(雑誌コーナー)。弊誌や執筆者の著作が並んでいます。

商品をご購入の方には海猫沢めろんさん、柴崎友香さん、酉島伝法さん、ひらりささんにお話を伺った特典冊子「失われた“雑談”を求めて ボーナストラック」をプレゼント。読み応えたっぷり、1万字の大ボリュームです、ぜひ!

 

 

<web>

KIRINのオウンドメディア「KIRINto」で、漫画家のしりあがり寿先生にインタビューしました。

仕事場にお邪魔し、かつてKIRINの社員としてマーケティングを担当していた頃に担当されていたビール「ハートランド」の思い出を語っていただきました。しりあがり先生によるイラストもあり。

kirinto.kirin.co.jp

 

 

<雑誌&web>

ニューヨーク・タイムズ社発行『 T: The New York Times Style Magazine』の日本版『T Japan』で森田真生さんと小川さやかさんの対談「私たちはどう生きるか」の聞き手・構成を担当しました。

記事は、ウェブにも転載されています。ここで読めますので、ぜひ。

www.tjapan.jp

 

 

<雑誌&web>

文學界』2021年12月号で、酒で破滅していく男女を描いた松尾スズキさんの新刊小説『矢印』(文藝春秋)をめぐる松尾さんと安藤玉恵さんの対談「酒への遺書」の構成を担当しました。

※ここで一部立ち読みできますが、気になった方は『文學界』での完全版をぜひ。

bunshun.jp

 

 

<雑誌&web>

文學界』2021年11月号から始まった、価値観の多様化とともに変化する恋愛の描かれ方を、様々なジャンルのクリエイターと考える連続対談(聞き手はライターの西森路代さん)「“恋愛”の今は」の構成を担当しました。

「恋愛」から見えてくる、社会の変化のいろいろ。刺激的な内容になってます。

私の担当は、この最初の3回でひとまず終了。

www.bunshun.co.jp

 

2021年11月号 

第一回 ドラマの中の恋愛はどう変わってきたか?
ゲスト 柴崎友香さん

※一部、以下で立ち読みできます。

books.bunshun.jp

2022年1月号

第二回 おずおずと、やっていく

ゲスト 濱口竜介さん

 

2022年2月号

第三回 未知の感情と向き合う
ゲスト 渡辺あやさん 

 

 

<雑誌>

構成を担当している『NHK短歌』の穂村弘さんの対談連載「穂村弘、対して談じる。」、最近のゲストは以下のお2人です。

これまで通り、「短歌と、それ以外」の濃い対話が展開しております。

www.nhk-book.co.jp

2021年10〜12月号

ゲスト 高橋源一郎さん

 

2022年1〜2月号

ゲスト 枡野浩一さん

 

※※※

以上、です。

が、他にも何かあったような……思い出したら追加します。

よろしくお願いします。

 

 

 

『生活考察』Vol.08 広告協賛のお願い

『生活考察』広告協賛のお願い

 

昨年は新型コロナウイルスの流行で、今「生活」というテーマで雑誌をやるにはどうすればいいのか? というところで行き詰まってしまい、『生活考察』の刊行をお休みしてしまいました。

楽しみにしてくれていた読者の皆さまには、心よりお詫び申し上げます。

ですが、今年は秋に新しい号(Vol.08)を出します!

つきましては、今回も広告の協賛を賜りたく、心よりお願い申し上げます。


サイズもいろいろとご用意しております。

会社、お店、商品等の周知に、ぜひご利用ください。


ご質問・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

詳細は以下です。

 

<サイズ・金額>


A…6,000円
B…10,000円
C…15,000円
D…20,000円


※モノクロでの掲載になります。

※完成後、見本誌1冊を送付いたします。

※これ以外のサイズをご希望の場合も対応可能ですので、お気軽にお問合せください。

※テキスト&画像程度の単純なものでしたら、データをいただければこちらで作成も可能です。

f:id:fiddle-stick:20210905192631j:plain

さらに!

 

「特に宣伝したいことはないが、応援してやってもいいぞ」という方に向けて、「応援コース 5,000円」もございます。

こちらは、「生活考察」Vol.08(最新号)1冊進呈+「Special Thanks」欄にお名前をクレジット、をリターンとさせていただきます。

 

お申し込み・お問い合わせはこちらまで→ chikarat79@gmail.com(『生活考察』編集発行人・辻本力)

 

 

皆さまのお申し込みを心よりお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします。

 

最近の仕事:対談集『ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと』発売、ほか

告知と自分の備忘のため、やった仕事はここにアップしていたのですが、最近は手が回らず放置してしまっていました。

以下、まとめていくつか。

 

<書籍>

構成を担当した、精神科医春日武彦さんと歌人穂村弘さんとの対談連載が本になりました(7月17日発売)。タイトルは、『ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと』(イースト・プレス)。キュートな漫画はニコ・ニコルソンさんによるもの。

「死」という重いテーマを軽やかに、しかし確かな切実さをもって語り尽くす対談集です。ブックガイド、短歌ガイドとしての側面もあるので、読後はぜひ話題にのぼった作品にもあたっていただけたら嬉しいです。

f:id:fiddle-stick:20210823004632j:plain

ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと

春日武彦(著/文)、穂村弘(著/文)、ニコ・ニコルソン(イラスト)
発行:イースト・プレス
四六判 256ページ
定価 1,600円+税

 

<紹介>

俺たちはどう死ぬのか? 数えきれぬ患者を診察した精神科医と、数えきれぬ短歌を日々読み続ける歌人。万巻の書物を読んだ二人が、大きなモニターとソファのある精神科医の自宅で、猫を相手に語り尽くす、今考えられるもっとも考えなければならない死と生についてのすべてのこと。

 

<目次>
序章 俺たちはどう死ぬのか?
第1章 俺たちは死をどのように経験するのか?
第2章 俺たちは「死に方」に何を見るのか?
第3章 俺たちは「自殺」に何を見るのか?
第4章 俺たちは死を前に後悔するのか?
第5章 俺たちは死にどう備えるのか?
第6章 俺たちは「晩節」を汚すのか?
第7章 俺たちは「変化」を恐れずに死ねるのか?
第8章 俺たちは死を前に「わだかまり」から逃げられるのか?
第9章 俺たちは「死後の世界」に何を見るのか?
第10章 俺たちにとって死は「救い」になるのか?
第11章 俺たちは「他人の死」に何を見るのか?
第12章 俺たちは「動物の死」に何を見るのか?
第13章 俺たちは一生の大半を費やすことになる「仕事」に何を見るか?
第14章 俺たちは、死にどんな「幸福」の形を見るか?

 

手前味噌で恐縮ですが、自信をもって「面白いです!」と断言します、させてください。

よろしくお願いします。

www.eastpress.co.jp

 

 

<web>

CINRA.JOBのインタビュー連載「その仕事、やめる?やめない?」最新回がアップされました。

お話を伺ったのは、『呪術廻戦』で総作画監督を務めるなど、その目覚ましい活躍に大きな注目が集まっているアニメーターの西位輝実さん。

アニメーターの世界の「仕事のリアル」をたっぷり伺いました。

「仕事」をテーマにお話を伺うのは今回で2度目ですが、またちょっと違った視点の内容になったのではないかなと(個人的には、今年10周年を迎えた『輪るピングドラム』のお話を聞けたのが嬉しかったです)。

job.cinra.net

 

千葉県を舞台にした「千の葉の芸術祭」(8.21-9.12)関連企画として、同芸術祭に出品する写真家・川内倫子さんと、千葉出身で、新作『川っぺりムコリッタ』の公開を11月に控える映画監督・荻上直子さんの対談の聞き手・構成・編集を担当しました。

テーマは、土地と創作、子育てのリアルについて。

千葉・房総エリアにある、川内さんのご自宅の環境がマジで素晴らしかったです。

www.cinra.net

 

この度、新たにスタートした飲料メーカーKIRINのオウンド・メディア『KIRINto』の記念すべき一発目の記事「『貢献』ではなく『当たり前』に。利他主義がブランドの未来をつくる」の聞き手・構成を担当しました。

お話を伺ったのは、ユナイテッドアローズ上級顧問の栗野宏文さんと、KIRINのロングセラー商品「午後の紅茶」のブランドマネージャーを務める加藤麻里子さん。

アフリカのクラフトとコラボレートしたブランド「TÉGÊ UNITED ARROWS」を通して、現地の人々の自立を支援するユナイテッドアローズと、レインフォレスト・アライアンス認証」取得をサポートするなど、茶葉の生産地であるスリランカの農園を長年にわたり支援してきた「午後の紅茶」。それぞれが考える、ブランドに求められるこれからの姿勢や、「誰一人取り残さない」世界像についてお話しいただきました。

近年広く浸透しつつある「SDGs(持続可能な開発目標)」というワードを、あらためて問い直すような視点が印象的な対談でした。

余談ですが、キンミヤ焼酎の「午後の紅茶」割り(特に無糖とストレート)は、我が家の定番です(書評家の豊崎由美さんに教えてもらった飲み方。おそろしく飲みやすいので飲み過ぎ注意)。

kirinto.kirin.co.jp

 

 

<雑誌>

NHK短歌』での穂村弘さんの対談連載「穂村弘、対して談じる。」、初エッセイ集『犬もどき読書日記』が話題の石山蓮華さんゲスト回が、現在発売中の9月号をもって全3回フィニッシュしました。

f:id:fiddle-stick:20210823100315j:plain

個人的には、「エモい」という言葉をめぐる対話が非常に興味深かったです。

自分の感動を、そうした「共感の大網」に回収されたくない、という石山さんの強い意志にグッときました。

ぜひ、3回通して読んでいただけたら嬉しいです。

www.nhk-book.co.jp